<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark |
ヨーロッパの旅
 どうも、ユキナです^^このたび私学校行事で10泊12日のヨーロッパの旅に行ってまいりました!!

そのことについてまとめて書いていきたいと思います^^

ちまちま暇な時書いていくので、おそいきがするw

書き上げたものからリンクはっていきます

12月9日〜20日 イタリア・フランス

1・9日 :飛行機と気圧と歯痛><

2・10日:真実はいつもひとつ

3・11日:簿記の神様

4・12日:その斜塔支えてみよう

5・13日:魅惑のひとときゴンドラセレナーデ

6・14日:ミラノと私

7・15日:ボンジュール

8・16日:城と海とときどき嵐

9・17日:エクスキューズミー

10・18日:ユーロディズニーと恐怖の乗り物

11・12・19日20日:帰国の時

こっそりおみやげ
| ヨーロッパの旅 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
10日:真実はいつもひとつ
111210_0737~01.jpg朝ごはんはどこもビュッフェ式で似たようなものなのでこの一枚^□^

私の大好物チーズ!!

いっただっきマース^○^

・・・・・・・凄まじい味がしました。。

日本のチーズは日本人が食べやすいチーズにしてあるという。

けっこう味違うものなんだなー!とおもった。



111210_0853~01.jpgこの左側の壁の向こうがバチカン市国。

歩いているとこが、イタリア。

凄い壁でした〜!

この壁で国を守ってきたんですね。

この壁の中にある、バチカン美術館に行った。

111210_0933~010001.jpgこれは、広場にてガイドさんが観光客に説明するためのパネルだ。

真ん中がイエスキリスト。

キリストが、天国に逝ける者と地獄に逝く者を分けている様子。

今までのキリストは、やせてがりがりでさらに十字架にかけられているものがおおかったが、このキリストはとても力強くかかれている。

自分でかいたミケランジェロも力強すぎたとおもい、キリストの横にマリアをおくことにより中和した。

右下は死者の魂を裁判する地獄の王ミノス。当時ビアンジョ儀典長が裸体ばかりだと文句を言ってきたので、ミノスの顔をビアンジョそっくりに描いたそうだ。ミノスは裸に蛇を巻かれ急所を蛇にかまれている。わぉ><

ミケランジェロは自分のサイン代わりに自身の顔を描いたそうだ。それがキリストの斜め右下にある皮がでろーんとしている怖い生首だ。これは年寄りになってまでこんな絵をかかせたこと絵の皮肉だそうだ。この写真ではわかりにくいが・・・これをガイドさんに聞いた時、なんてミケランジェロは皮肉家で面白いんだろうwとおもった。


111210_0950~01.jpgとても煌びやかな通路だった。

まぶしく、ひとつひとつじっくりみあげていると、いつか転ぶ。。。そんな気がするw

そして首がいたいw

ここだけではないが、ヨーロッパ観光では、首が疲れて大変だった。。。







                                         

お昼。
これにサラダもあったが、割愛。

とても濃厚だった。



 
コロッセオ外部と内部。

右の内部写真中央にある横に走っている部分が元、床があったとこだ。現在床はなく獣等の檻があった地下がむき出しになっている状態。

真実の口に手を突っ込んできたが、純粋で素直でいい子な私の手はむろん無事である←
写真は秘密だvV

111210_1522~01.jpgトレビの泉の上の部分

もちろんコインを投げ入れてきましたよ^□^

ユーロではなく10円玉二枚をw

友達とせーので後ろ向きにvV

きゃっきゃっ
別アングルからの様子。

泉と彫刻のすべてが、携帯ではおさまらずに断念。



111210_1535~01.jpgそしてトレビの泉に向かって右側にあるお店で、購入したジェラ―ト

一番小さいサイズで2€

たくさん種類あって迷ったけど、

チョコレート と ティラミスにしました^^

うっまーーーー!

さっむーーーー!

って感じだった笑

んー芸術的な盛り方だw









111210_1656~01.jpg

映画ローマの休日で、オードリーヘップバン扮する王女がジェラ―トを食べたシーンでもおなじみの場所である。当初、フランスの外交官の寄付によって造られたものの、スペイン広場にあるためこの名で呼ばれている。

現在は、保護のため広場での飲食は法律で禁じられており、ローマの休日のシーンのようにジェラートを食べる事はできない。

が、みんなけっこう食べているのは内緒。

また、ここに座っているカップル率が異様に高いw

まぁ気持ちもわからんではないよ。。うん

夕方になると、

座っている向かい側がとてもきれいだものね。








111210_1716~01.jpgうん。とてもきれいだ。

でもね。バカップルたちよ!!

ちょっとは自重してくれwww

ちゅっちゅっ

ぐらいならいいさ。

かわいいさ・・・・

でもな?

5分以上ずーーーーーーーーっと
キスばっかしてんじゃねーーーw
さりげなく彼氏押し倒してんじゃねーーーw

公共の場だぞ!我々は移動した。
ワンフロア?上の階段にすわり、
集合時間まで時間つぶしていたのに、アレ?見たことある人ち、、、Σちゅーーーーー!?おいぃぃわざわざウチら移動したのにwwwwなぜ君らも上がってきたwww

まったく。。。君たちに聞きたい

「ねぇどんだけ見せつけたいの!」



111211_0354~01.jpg夜ごはん。ピザ!サラダ!それにこの後またピザがきたww

その写真はないが、二枚目のピザは2人で半分こするタイプのでした。

ちょっとこげてるのがきになったけどw

うまかった^^










111209_2132~01.jpgそしてホテル。

イタリアに来た日と次の日の二日間止まったホテル。

ローマ
「Cardinal St Peter's Hotel」
(カーディナル サンペーター ホテル)

イタリアきて思ったこと、隣とのベットちっかwwwwwwってこと

一日目、、シャワーお湯でなくて風邪ひくかと思ったぜ><

2日目は熱々でした^◇^
| ヨーロッパの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
9日:飛行機と気圧と歯通><
 6日・・・出発の2日前急に歯が痛くなった;;

かむといたい。これでは、まともに食事ができない・・フランスパンなんてもってのほかだ!

なんということだーーーー!!!ということで翌日急遽なじみの歯医者を予約。。

乳歯の歯茎が膿んでいたそうだ・・・痛いわけだ。

とりあえず、仮のふたの状態で旅行することになった。痛み止めはロキソニンかと思いきや、ボルタレンというものだった。。なんだこれと思い、検索。。。なになに?ロキソニンより強い鎮痛剤らしい。

ふーん・・・とかその時は思ってた。それでいろいろPCいぢってたら見つけてしまった;;

飛行機と歯の治療の相性が悪いことに・・・・Σガーン

かぶせものしたときに、空気が入っていると飛行機の圧力変化に伴い隙間の空気が膨張し、それが神経などを圧迫し痛むというのだ。

更に検索し、多くの経験談を読むにつれ憂鬱になった;_;

しかし前向きな意見もあった!最近の飛行機は与圧され?てるから昔ほどは痛まないと。

昔ほどは・・・?やっぱり痛むのねーーーー!!!

ということで、搭乗前にボルタレンを服用することにした。なんたって12時間の飛行。。そんな長時間
鈍痛が襲うなんてなんたる拷問かっ!

非常に怖い思いをしながら、飛行機は飛び立った・・・・

手に汗を握る状態だった・・・まあ結論から言いますと、そんなに痛くなかったww

やはり、気圧の変化のある離陸時はかすかに痛いかも!?と思ったが、薬の効果かそれほどまでは
なかった。どちらかというと、歯医者に行く前のほうが痛かったのだw

フランクフルトからイタリアまでの乗り継ぎの際、薬を飲まずに離陸したら、歯が痛んだ;;

しかし、ボレタレンは胃をあらすという。ということでバファリンを飲んで2時間熟睡してたら着陸の衝
撃で起きたwなんだか胃がムカムカしたが、恐れていた歯の激痛がなかったので良しとしよう。

それからの10泊12日間は、歯茎の晴れが気になったが、歯通はなく過ごせた。帰国の際の12時間
は一粒の薬も飲まずに、痛みもなく帰ってこれた^□^

安心したとともに、次からは旅行の際、虫歯はすべて事前にチェック&治療をしようと心に誓ったヘタレ管理人であった。


| ヨーロッパの旅 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |